スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

【テレビ】団塊パワーを活用せよ・感想

NHK総合 2013年12月11日(水) 午前0:10~0:36 放送の クローズアップ現代「団塊パワーを活用せよ~アクティブシニアが地域を変える~」 の感想です。

地位や序列にこだわる人は リタイアした後に 嫌われる そうです・・・

団塊の世代が65歳を越え始めた。日本がいま迎えつつある超高齢社会、会社をリタイアしたとはいえ、気力も体力も充分の団塊世代は地域コミュニティ活性化の中核に期待される戦力だ。しかし、会社人間だった人ほどうまく地域に溶け込めず、家にこもりがちになるケースが少なくない。マイペースでプライドの高い団塊世代を、いかに持続的、主体的に地域の活動に参加させるか・・・


戦後の新しいスタイルをつくってきた団塊の世代ですが、シニアの世界で嫌われるのは、「私 ●● してました」 と、以前の経歴を鼻にかけるタイプだそうです。言い換えれば、現役時代の地位や序列にとらわれるタイプ。「差別的」と言ってもいいかもしれません。

特別支援の仕事をしていると、高い頻度で「地位」「序列」の問題に出会います。「地位」や「序列」で考えると、特別な支援を受けることは「序列の低い学校・学級」に行くことになってしまいます。 もちろん、そう考えない方も多いのですが、世の中の一定の部分がそういった価値観で動いている以上、ある程度はしかたがないと考えていました。

この番組を見て、シニアの世界は意外にもそういった「地位」や「序列」にしばられていないことを知り、少し、希望を持ちました。
(あと20年もしたら、シニアの世界の序列も、団塊の世代がつくってしまうかもしれませんが・・・)

・番組ホームページ

関連記事
カテゴリー: 保護者向け記事 | コメント: 0 | トラックバック: 0


よろしければコメントをお願いします

        
  
  
  


この記事へのコメント

プロフィール

S

名前:S
生まれ:東京
職業:小学校の教員
ことばの教室(通級)に勤務
家族:妻と小学生の娘

記事検索
RSS
特別支援MLのご案内

特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。