スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

【書籍】『セロトニン「脳」活性法』感想

有田秀穂 著『簡単にできる! セロトニン「脳」活性法』大和書房、2007年、1400円+税 の感想です。

serotonin.jpg

セロトニン水準を高める方法が わかります。

著者は医師で脳生理学者。脳内物質 「セロトニン」 の研究でも有名な方のようです。このブログでも、こちらの本の感想 でとりあげました。

この本は、脳内物質セロトニンとそれに対応する神経系の本です。セロトニンとは何なのか、水準が下がるとどのように困るのか、高めるためにはどうすればよいか、が書かれています。

読者の理解のために、話を単純にしている部分があるかもしれませんが、教育者として、参考になる部分は多くあります。実際、 セロトニン水準が低いのではないか、という小学生 も一定程度見られます。

子どもも含めた現代人が、セロトニン水準を下げざるを得ない生活をしている・・・そんな世の中に警鐘を鳴らす書物でもあります。

・有田博士主催のセロトニン Dojo
・有田博士の詳しいインタビュー

関連記事
カテゴリー: 特別支援関係者向け記事 | コメント: 0 | トラックバック: 0


よろしければコメントをお願いします

        
  
  
  


この記事へのコメント

プロフィール

S

名前:S
生まれ:東京
職業:小学校の教員
ことばの教室(通級)に勤務
家族:妻と小学生の娘

記事検索
RSS
特別支援MLのご案内

特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。