スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

【記事】『高3の英語力、中卒級=「書く、話す」に課題―文科省』感想

英語というよりは授業スタイルの問題です。

Yahoo!ニュースの記事(配信元:時事通信)によると文部科学省が、高校3年生を対象に英語の「読む、聞く、書く、話す」を調べた調査結果(速報値)を公表したそうです。

どの力も 平均的に非常に低い・・・ ようです。

これを受けて、いろいろな施策が行われるかもしれません。(むしろ、文科省としては 予算獲得の名目ができて オイシい結果なのかもしれません。)

特別支援の視点からこの結果を考えてみると・・・

昨今の(標準的な) 英語の授業スタイル に原因があるのかもしれません。

考えてみると、昨今の英語の授業スタイルは、他の教科と違い、かなり独特です。

  • 板書を写すことが少ない
  • 生徒が発表する場面が多くある
  • 教師と生徒が音声言語でやりとりをする
  • 視覚的な手がかりがほとんどない

  • こういった授業は、 (欧米ではほかの教科でも主流なのでしょうが) 日本の中高では、英語の授業だけの特徴です。つまり、英語の授業はそのスタイルそのものも、欧米スタイルなのだと言えます。

    他の授業スタイルに慣れた生徒たちが、英語だけ苦手になるのも、無理はありません。英語が苦手なのではなく、 英語の授業スタイルが苦手 なのだと考えると、納得です。

    englishGirl.jpg

    関連記事
    カテゴリー: 通常学級担任向け記事 | コメント: 0 | トラックバック: 0


    よろしければコメントをお願いします

            
      
      
      


    この記事へのコメント

    プロフィール

    S

    名前:S
    生まれ:東京
    職業:小学校の教員
    ことばの教室(通級)に勤務
    家族:妻と小学生の娘

    記事検索
    RSS
    特別支援MLのご案内

    特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。