スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

データで見る各県の通級(4) 青森県の通級

今回からは、各県ごとにネットに公開されているデータをまとめていくことにしました。初回は青森県です。

★通級指導教室数 17 教室
学校数/通級教室数 322÷17=18.9
児童数/通級教室数 72426÷17=4260.4
特別支援学級 校数(注1)/通級教室数 412÷17=24.2

(注1):1つの学校に通っている人数が多いと、たとえば「ここの知的は2学級」と数えることがあります。ここでは、どんなに人数が多くても「1校」と数えます。同じ学校内に複数の特別支援学級がある場合、たとえば青森県では知的と自閉症・情緒がある場合が多いのですが、「2校」と数えます。

★通級教員数 60 人 → 他県との比較はこちら
児童数/通級教員数 72426÷60=1207.1 → 他県との比較はこちら
通級教員数/通級教室数 60÷17=3.5

1つの教室に3.5人の先生がいる計算です。通級教員数は、教室数と比べるとかなり多いと言えます。各教室に複数教員がいることは、専門性の維持・向上のためにかなり重要なポイントです。

★通級児童数 433 人
通級児童数/通級教員数 433÷60=7.2(全国で少ない方から2番目)
特別支援学級 在籍数/通級児童数 991÷433=2.3
通級児童数/児童数 433÷72426=0.60% → 他県との比較はこちら

通級教員数が多いため、教員1人当たりの通級児童数は全国2位の少なさです。

★ネットでの情報公開
・通級設置学校リスト あり
・通級についての説明 あり

★参考資料
・平成24年度青森県の特別支援教育(リーフレット)

※ 情報の収集には細心の注意を払っておりますが、上記の情報には不備・不足がある可能性があります。詳細は各市区町村教育委員会にお問合せください。
関連記事
カテゴリー: 一般向け記事 | コメント: 0 | トラックバック: 0


よろしければコメントをお願いします

        
  
  
  


この記事へのコメント

プロフィール

S

名前:S
生まれ:東京
職業:小学校の教員
ことばの教室(通級)に勤務
家族:妻と小学生の娘

記事検索
RSS
特別支援MLのご案内

特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。