スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

【記事】うつ病、世界で3億5000万人=自殺者の過半数-WHO・感想

時事ドットコムの記事によると、WHO(世界保健機関)が10月10日の世界メンタルヘルス・デーに合わせてうつ病 Depression についてのメディア向け発表を行いました。

それによると、うつ病で苦しむ人が世界で3億5000万人を超え、どんな国・地域でも人口の5%前後はいるそうです。その一方で、治療を受けている人は半数以下(多くの国で10%以下)となっており、早期発見・早期対応のために、固定観念 stigma との闘いが課題となっている、とされています。

日本では、まだまだうつはマイナーだと感じます。社会的には<存在しない>とされていると言っても過言ではないかもしれません。アメリカの青春ドラマ『新ビバリーヒルズ青春白書』で そううつの女の子が出てきたのには驚きましたが、有名人がカミングアウトしたり、普通の(うつが直接のテーマではない)ドラマや小説に登場するようになってほしいものです。

小学生でも、よ~く見ると、うつの傾向(因子)がある子 いると思うのです・・・そういった子への対応については、別のところで書こうと思います。

syonbori.jpg


    ・WHOの記事(英語)
    ・なぜ多い? 有名人の心の病気・自殺未遂
    ・うつ病になったとされる芸能人たち


関連記事
カテゴリー: 通常学級担任向け記事 | タグ: うつ 発達障がい | コメント: 0 | トラックバック: 0


よろしければコメントをお願いします

        
  
  
  


この記事へのコメント

プロフィール

S

名前:S
生まれ:東京
職業:小学校の教員
ことばの教室(通級)に勤務
家族:妻と小学生の娘

記事検索
RSS
特別支援MLのご案内

特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。