スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

データで見る各県の通級(5) 北海道の通級

ネットに公開されている小学校の通級に関するデータをまとめています。2回目は北海道です。

★通級指導教室数 101*(注1,2,3,4,5,6) 教室
学校数/通級教室数 1169÷101=11.6
児童数/通級教室数 269865÷101=2671.9
特別支援学級 学級数(注3)/通級教室数 2150÷101=21.3

北海道は、通級指導教室に「●●の教室」といった種別は設けていません。1つの教室でいろいろなタイプのお子さんに対応する、ということのようです。

(注1):特別支援教育センターにも問い合わせたのですが、北海道全体の一覧というものは存在しませんでした。そこで、各教育支局のサイト・市町村のサイト・学校のサイトなどを調べ、合計数を出しました。そのため、この数字は不正確な可能性があります。

(注2):内訳は以下の通りです。石狩8 渡島4 檜山0 後志5 空知13 上川19 留萌2 宗谷1 網走7 胆振8 日高1 十勝9 釧路1 根室2 札幌21

(注3):1つの学校に通っている人数が多いと、「2教室」「2学級」と数えることがあります。ここでは、通級指導教室は、どんなに人数が多くても「1教室」と数えます。特別支援学級は、調べ切れませんでしたので、人数が多い場合は、「2学級」と数えています。同じ学校に複数の通級指導教室、たとえば言語障がいと発達障がいの教室がある場合は、「2教室」と数えています。

(注4):主に不登校対象の適応指導教室も、「通級」とされる場合も多いのですが、ここでは除きます。

(注5):学校教育法施行規則上の「通級」でない施設(例:「ことばの教室」という名前の福祉施設)は、ここでは除きます。

(注6):*印は24年度のデータです。無印は23年度です。以下の項目でも同様です。

★通級教員数 288 人 → 他県との比較はこちら
児童数/通級教員数 269865÷288=10.9 → 他県との比較はこちら
通級教員数/通級教室数 288÷101=2.9

★通級児童数 3125 人
通級児童数/通級教員数 3125÷288=10.9
特別支援学級 在籍数/通級児童数 5940÷3125=1.9
通級児童数/児童数 3125÷269865=1.16% → 他県との比較はこちら

★ネットでの情報公開
・通級設置学校リスト 道全体ではなし たとえば札幌市はこちら
・通級についての説明 道全体ではなし たとえば札幌市はこちら

★参考資料
・要覧「特別支援教育(平成23年度版)」

※ 情報の収集には細心の注意を払っておりますが、上記の情報には不備・不足がある可能性があります。詳細は各市区町村教育委員会にお問合せください。

関連記事
カテゴリー: 一般向け記事 | コメント: 0 | トラックバック: 0


よろしければコメントをお願いします

        
  
  
  


この記事へのコメント

プロフィール

S

名前:S
生まれ:東京
職業:小学校の教員
ことばの教室(通級)に勤務
家族:妻と小学生の娘

記事検索
RSS
特別支援MLのご案内

特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。