スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

データで見る各県の通級(34) 鳥取県の通級

ネットに公開されている小学校の通級に関するデータをまとめています。31回目は鳥取県です。

★通級指導教室数 22*(注1,2,3,4) 教室
学校数/通級教室数 139÷22=6.3
児童数/通級教室数 32216÷22=1464.4
特別支援学級 学級数(注1)/通級教室数 255*÷22=11.6

通級指導学級の数は増えてきており、24年度は3教室が開級したようです。


(注1):1つの学校に通っている人数が多いと、「2教室」「2学級」と数えることがあります。ここでは、通級指導教室も特別支援学級もどんなに人数が多くても「1教室」「1学級」と数えます。同じ学校内に複数の通級指導教室や特別支援学級がある場合、たとえば言語障がいと発達・情緒障がいの通級指導教室がある場合などは、「2教室」「2学級」と数えます。

(注2):*印は24年度のデータです。無印は23年度のデータです。以下の項目でも同様です。

(注3):内訳は 鳥取市5 岩美町0 八頭町1 若桜町0 智頭町0 倉吉市3 湯梨浜町1 三朝町1 北栄町1 琴浦町1 米子市5 日吉津村0 境港市2 南部町1 伯耆町0 大山町1 江府町0 日野町0 日南町0 です。

(注4):特別支援学校内におかれた「通級」(例:聾学校の中にある「きこえとことばの教室」)やその巡回先も、ここでは除きます。

★通級教員数 20 人 → 他県との比較はこちら
児童数/通級教員数 32216÷22=1610.8 → 他県との比較はこちら
通級教員数/通級教室数 20÷22=0.9

教室数よりも教員数が少なくなっているのは、教室のデータが24年度なのに対し、教員のデータは23年度だからのようです。


★通級児童数 240 人
通級児童数/通級教員数 240÷20=12.0
特別支援学級 在籍数/通級児童数 645÷240=2.7
通級児童数/児童数 240÷32216=0.74% → 他県との比較はこちら


★ネットでの情報公開
・通級設置学校リスト あり
・通級についての説明 あり

★参考資料
・平成24年度 小学校特別支援学級設置状況
・平成23年度 学校基本調査


※ 情報の収集には細心の注意を払っておりますが、上記の情報には不備・不足がある可能性があります。詳細は各市区町村教育委員会にお問合せください。

関連記事
カテゴリー: 一般向け記事 | コメント: 0 | トラックバック: 0


よろしければコメントをお願いします

        
  
  
  


この記事へのコメント

プロフィール

S

名前:S
生まれ:東京
職業:小学校の教員
ことばの教室(通級)に勤務
家族:妻と小学生の娘

記事検索
RSS
特別支援MLのご案内

特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。