スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

【資料】24年度の全国の通級のデータ

文部科学省が『平成24年度通級による指導実施状況調査結果について(別紙2)』として、24年度の全国の通級のデータをまとめました。

それによると、通級を受けている小中学生は7万1千人。毎年約5千人ずつ増えるという、ものすごい勢いで増加しています。まだまだ全体から比べると少数ですが、時代が確実に変わってきているのを感じます。

tuukyuNumber.png
(クリックすると画像を拡大します。/文部科学省の資料より)

調査結果には、他にもさまざまなデータがあります。このブログでも、「データで見る各県の通級」の基本的な部分は、この調査データをもとにしています。上記のグラフ以外のデータも、少しずつ取り上げていこうと思っています。

・調査結果についての説明
・調査結果

★ 付記 ★
この調査結果をもとに、さまざまな記事が各種メディアに書かれています。一番多いものは、「なぜ、こんなに通級する子どもは増えたのか?」 といった切り口のものです。

いろいろな理由が考えられますが、私の個人的な考えは「今まで、存在しないことになっていた人たちが、声をあげ始めたから」 です。

やはり 時代が確実に変わってきている のだと思います。

関連記事
カテゴリー: 一般向け記事 | コメント: 0 | トラックバック: 0


よろしければコメントをお願いします

        
  
  
  


この記事へのコメント

プロフィール

S

名前:S
生まれ:東京
職業:小学校の教員
ことばの教室(通級)に勤務
家族:妻と小学生の娘

記事検索
RSS
特別支援MLのご案内

特別支援教育ネットワーク」に参加しませんか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。